仕事をしているとタイムレコーダーは常に身近にある存在となっています。事業所で働いているという労働者に対して、勤怠管理の目的のために活躍している機械となっています。
現在でがほとんどの事業所でこのタイムレコーダーを設置していますが、ここに記録された勤務時間は、給与計算などに非常に重要となっています。この勤務時間によって給与を換算していると言うところがほとんどで、とくにアルバイトの場合の勤怠管理に関しては、欠かせない機械となっています。



アルバイトの給与に関しては、時給制となっているところが多いので、タイムレコーダーに記録された時間が頼りとなります。


ここに記入された勤務時間を計算した後で、月当たりの給与が支給されるという形になっています。

実際に事業所ではどのような使われ方をしているのかというと、勤務している人が出勤してきたときには、自分専用のタイムカードを機械にさし込んでから仕事を始めます。

仕事をする際には休憩時間が設けられているところもありますが、この場合休憩時間に再びタイムカードをさします。



休憩時間が終わればそれを記録させるために再びタイムカードをさします。休憩時間に関しては給与の対象外としているところが多くなっています。
タイムレコーダーは機器の専門店で購入することができます。


このほかにはインターネットの通販サイトなどで購入することもできます。



安い物で価格が約2万円で、高い物で10万円程度の物があります。

Copyright (C) 2016 タイムレコーダーの役割について All Rights Reserved.