会社は従業員の勤怠状況を正しく把握しておかなければなりません。

勤怠管理の標準的な内容は、社員が出社した時刻と退社した時刻を記録する作業です。
その差から、さらに休憩時間をひくこととにより、従業員が労働した時間を算出できます。

その結果を用いて、給料や賞与が決められるのです。
しかし、従業員の出社した時間や退社した時間を随時把握するのは難しいです。従業員の様子を目視で確認したり、随時記録を付け続けることには大変な手間がかかります。

そのため、基本的には従業員の良心を信じて自己申告してもらう制度にしているところが多いです。

しかし、その場合、従業員が時刻を勘違いしていたり、意図的に記入する時刻を操作したりする可能性が皆無とはいえません。

そのため、今では勤怠システムど導入している会社が増えています。


勤怠状況をパソコンを使って管理することによって、上記の手間を減らしたり、正確性を増したりすることができるのです。



勤怠システムにはいろいろなタイプがあります。最もシンプルなタイプは、出社時刻と退社時刻を記録するだけのものです。



その他にも、休日出勤や有給休暇などを管理できるものも多くあります。


従業員がパソコンから時刻の入力を行う方式のものが主流ですが、もっと便利なものもあります。会社に入門する時のカードリーダと連携していて、入力が自動化されているものもあるのです。


勤怠システムではパソコンから時刻のデータが上長に送信されるので、上長はその内容を点検して承認処理を行います。



Copyright (C) 2016 勤怠システムを使えば効率と正確性が増します All Rights Reserved.