タイムレコーダーとは会社で設置されており、労働者の出勤時間や退勤時間をコンピューターにて記録ができる機械のことです。

製品の中には時給額まで表記されるすぐれたものもあるようです。



種類として紙に印字するタイプが殆どだったのが、現代ではICカードや指紋で管理する企業も増えてきています。


あるスーパーマーケットでは、出勤時にパソコンを立ち上げ、出勤時間、体調管理などを自分で入力をする程、時代は流れていると感じます。


タイムレコーダー世界で初めて生まれたのが19世紀のアメリカでジョン・C・ウィルソンによって発明されたものです。


日本では1931年に天野修一による電気式タイムレコーダーが開発した。



それは電気によって時間の印字ができるようになったと言われます。

現時点で指紋、声帯などで個人の厳密な本人確認ができ、どんどん進化し続けています。

またタイムレコーダーは企業だけではなく、種類によって運搬の時刻管理や、巡視警備員の巡回記録もできるタイムレコーダーもあるようです。時間を記録する手間が省け時間を有効に使うことができるようになるのはとてもいいことだと思います。

今では大学の学生証と一体化した物もあると聞いています。

学生の出欠確認もでき授業をさぼるということも学校側には誤魔化せないという厳重方法だと思います。


現在では長野大学と立命館大学で取り入れており、5分前にチェックしないと出席扱いにならないそうです。
厳しい世の中になってきていると思いますが、身の安全にもなると思います。

教えて!gooを利用してみる価値はありますよ。

Copyright (C) 2016 タイムレコーダーの使い道 All Rights Reserved.